中学時代のクラスの楽しい思い出と反省

小学校時代は、暗い時代であった。勉強は出来ないし運動も出来なく絵をかいても笑われるそんな時代であった。ただ、6年に成った時に担任の先生がお前の兄貴は中学で素晴らしく出来ているのだから、好きな事だけ遣れば良いと言ってくれた。少し、算数だけは普通より良かったので、算数だけを勉強したのである。算数だけは成績が良くなった。このような状態で、中学校へ入学。背が高かったので席の場所は、常に最後尾。勉強をするよりも後ろの方で周りの人と雑談ばっかしで、今までないほどに楽しい毎日であった。先生も怒りはするものの立たすとか罰則はなかった。とにかく楽しかった。そしたら、勉強をした訳でもないのにクラスの1番に成っていた。PTAに出席した母親が驚いて帰ってきたのである。何しろ小学校時代あんなに出来ない子供が中学校に入ったとたんにクラス1番の成績を取ったのであるから、それはそれは喜んでくれた。その後、2年、3年と進んだが成績はトップクラスに居る事が出来た。ただ、今思うと残念な事は臆病なためにクラブ活動をしなかった事である。社会人に成ってから気が付いた事であるが、成績が良いことよりもクラブ活動の方がよほど大事な事であったという事が。小学校、中学校の時に何でも良いから得意なものを身に着け居れば人生変わっていたかもしれないと・・ドモホルンリンクル|高評価のだけど消費期限は?まずは無料お試しセット