ママの大切さ、ママの偉大さを実感したメモリーに触れてみたい

去年61ヶ月に分娩しました。分娩までにいくつものジレンマやストレスがありました。私の母は、7年前52才の若さで死没。直後4年後に嫁入り、翌年に受胎。日に日に大きくなる胃腸を抱えながら「わたしは、わが乳幼児をしっかり育てていただけるかな?返る家もなくやっていけるかな?」など。受胎7ヶ1ヶ月のまま切迫早産で入院、受胎糖尿でインスリンと自分の事で精一杯で退院したしている時、わたしに実母がいないことを心配した義父、姑が各週のように検診に伴うように。わたしは、寄り掛かる事例になれていないせいか?母性でわが乳幼児を貫き通したいメンタリティなのか?義父、姑の側が鬱陶しくなり、検診をメイン人間の休日に変えて義父、姑の付き添いから逃げました。産後は、義実家庭にと言われていたのも断りました。養育に追われるしている時、姑、義父に意思を使いたくなかったし誰にも触られたくなかったんです。困難のは十もコンセンサス。うちに戻り分娩7お日様視線から帰りがのろいメイン人間にも頼れず世帯養育をこなしました。新生児は、昼夜問わず涙します。寝不足と疲労で私もわが乳幼児と一緒に泣いたこともあります。そんな時に言葉に起きるのが「夫人、夫人、なんでいないの?助けて」でした。
その時、母の大切さや偉大さを痛感しました。そんな私は自分自身を強めようと筋肉トレーニングを励んでいます。プロテインはもちろんですが、いまはさらにDCCというサプリメントと飲んで肉体改造を目指して努力中です。自然と身体を鍛えるだけでも悲しい気持ちが忘れる事が少しできるからです。
助けてほしいときにママはこの世にいない。任せたいままママはこの世にいない。ママの兄妹から「あなたが産まれた時はそれはそれは喜んで大切に大切に育てたんだよ」って聞いたんです。目下、私の幼子は、一才を迎え大きな疾病をすることなくスクスク成長してある。メイン人間も、視線に入れてもいたくないと言うほど大事にしてある。私もわが乳幼児がこんなにかわゆい雑貨かとおもうくらいかわいがりてある。わが命よりも大事な側だ。そう思えるのもきっと私のママもわたしと同じようにわたしをかわいがり、大事に育ててくれたからわが乳幼児にも同じように伝える事ができると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です